幕末の志士たちに学ぶ。男とは!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

* 亀山社中おススメ品 絶対に損しないゼヨ! *
■新着エントリー
 ・09-08  ※新撰組 隊服の発注
 ・03-14  ※新撰組 京都残留組
 ・03-11  ※高杉晋作 内優外患
 ・03-09  ※坂本龍馬 攘夷の主唱なる
 ・03-06  ※新撰組 清河八郎の攘夷宣言


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都に残留することになった近藤勇芹沢鴨一派。

殿内義雄一派の粛清により、京都に留まるメンバーは壬生の八木邸に寝起きするものだけとなるのだ。
その八木邸の門前にはいつの日からか「壬生浪士組」の表札が揚げられるようになっていた。

壬生浪士組は4月1日に大坂に出向き、資金調達をする。
標的となったのは今橋の平野屋。
空証文と引き換えに100両を調達している。まぁ詐欺ですね。
嘘の証文書と引き換えに金銭を横領した感じだ。


資金を手にした壬生浪士組は、この際に隊服を新調しようと言うことになり、京都の大丸呉服店で隊服を注文する。
出来上がった隊服が浅葱色で、袖口を白く山形に染め抜いていた。
みなさんが知っている新撰組のあの羽織である。

これで新撰組の基礎は出来つつあるわけだ。

浪士組がなぜ、この模様を選んだのか。

それは知ってのとおり、この模様は赤穂浪士と同じなのだ。
そこからは赤穂浪士と同じ覚悟であると言う意味と、正義を貫くといった意味だったのだろう。

そして色、浅葱色は切腹の覚悟を表している。
壬生浪士組はその様な固い決意であったのだ。


幕末恋歌・新撰組DS【通常版】 Price3,880 円
僕たちの好きな新撰組 Price590 円
新撰組おでかけbook Price1,470 円
新撰組局長首座芹沢鴨 Price540 円

新選組随想録 Price2,520 円
土方歳三新選組を組織した男 Price1,890 円
実録 新選組 / オリジナルV Price4,392 円
新選組(壬生浪士)初代筆頭局長の芹沢鴨が愛用した鉄扇を復刻!Price14,175 円



スポンサーサイト
江戸幕府からの江戸へ戻るように言われた浪士組。

清河八郎は江戸に戻って攘夷の挙兵をすればいいと考えを変え、江戸に向かうことを浪士組に言い渡した。

しかし、これに反対する者たちがいた。

近藤勇らの一派だ。

武蔵、相模をイギリスから守るという使命は、武州出身の近藤たちにとっては捨てがたい命令だった。
だが将軍の護衛と言う任務はもっと大事であり、清河暗殺の密命もあったが、近藤・芹沢鴨らは京都に残ることを選んだ。

残留を希望した近藤・芹沢らを浪士組取締出役の佐々木只三郎はすぐさま松平容保に報告。
老中 板倉勝静から「報国の士」を会津藩で預かるように進言され、松平容保はこれを受け入れた。

残留を当初から希望していた近藤・芹沢一派は13名、あとから追加で4名が増え、合計で17名になっていた。

芹沢鴨、近藤勇、新見錦、平山五郎、山南敬助、沖田総司、野口健司、土方歳三、原田左之助、平間重助、藤堂平助、井上源三郎、永倉親八、斉藤一、佐伯又三郎、阿比留鋭三郎、粕谷新五郎の17名。
このほかに鵜殿鳩翁が取りまとめた残留希望者が7名おり、総勢24名が京都残留組となっている。
しかし、殿内義雄が自派の勢力拡大を図ったため粛清され、他の殿内一派、粕谷、阿比留が京都を脱出し、最後に残ったのは近藤・芹沢一派だけであったのだ。


幕末恋歌・新撰組DS【通常版】 Price3,880 円
僕たちの好きな新撰組 Price590 円
新撰組おでかけbook Price1,470 円
新撰組局長首座芹沢鴨 Price540 円



[高杉晋作] ブログ村キーワード

高杉晋作 放因集

内優外患迫吾州
正是危急存亡秋
唯為那君為那国
降殫名姓又何愁


内優外患吾が州に迫る
正に是危急存亡の秋
唯邦君のために邦国のために
降殫名姓又何ぞ愁えん


国内は乱れ外敵も迫ってきた。まさに国の一大事のときである。
自分は主君のため、国のため、ただ尽くすのみだ。
たとえ、自分の命や名が奪われても、何も悲しむことはない。

幕府の征長軍を前に長州藩では俗論派が台頭し恭順謝罪の道を選ぶ。
高杉晋作たち正義派は失脚し、その命をも危ぶまれるようになってしまうのだ。
ちょうどそんな時の心境を詠んだ詩だと言われている。


歴史群像 presents ものしり幕末王 DS用 Price3,580 円
激動の幕末を再現するミニチュアアイテムセット♪倒幕 アイテムコレクション Price13,650 円
有田焼「幕末・明治維新の志士達」陶板(350×400mm) Price48,000 円
高杉晋作のTシャツ!Price3,980 円



[坂本龍馬] ブログ村キーワード
坂本龍馬 さり気ない一言

『攘夷の主唱なる』

薩長同盟を提案した坂本龍馬中岡慎太郎は苦労に苦労を重ねた。
長州の説得ににはことのほか労を費やしたのだ。

そもそも長州は薩摩に対し並大抵ならぬ恨みがあり、それを忘れさり薩摩と同盟を結ばせることは不可能かと思われていた。

何度か足を運ばせ、頃合を見計らって桂小五郎薩長同盟の話を切り出した。
龍馬は話し合いを聞きながら、桂たちの盲点をつく。

「貴藩は攘夷の主唱なるに巳に各国と和睦を結ばれ今却つて同胞なる薩藩と好を通ずるを拒まるるは不思議千万の事共なり」
と言った。

これには桂も高杉晋作も呆気に取られた。
確かに龍馬の言うとおりだ。
長州は攘夷の急先鋒として走ってきた。
それが今では馬関戦争のあとイギリスなどと同盟を結んでいるのだ。
あれほど嫌っていた夷敵と同盟が出来、なぜに同じ日本人である薩摩藩とは同盟できないのだ。

この一言は効いた。
桂ももう反論できない。
この時点で長州藩は長州藩の存続のことしか考えていなく、表向きは攘夷攘夷と叫んでは居てもやっていることは全然違うのである。
この龍馬の一言が、高杉晋作の決意を変えた。

高杉は「君巳に我が本心を知る。復た何をか申すべきとて、両雄連衡の大議論も忽ち立談の間に其局を結びし」とした。
これにより、桂は西郷に会う決意を固め、高杉も龍馬たちの後押しをするようになるのだ。


幕末の風雲児・高杉晋作Tシャツ!Price3,980 円
坂本龍馬 『寺田屋事件』 Tシャツ Price3,980 円
坂本龍馬「自分」を大きくする法 Price560 円
新撰 京の魅力シリーズ坂本龍馬、京をゆく Price1,575 円



京都に着いた浪士組は壬生村に宿をとった。
本部を新徳寺におき、隊ごとに宿割りをした。

そしてその夜、清河八郎は主だったものを本部の新徳寺に集めたのである。

「われわれは尊皇攘夷に決起するものなり。皆々依存ござらぬな」と言い放った。

いきなりの清河の発言に場にいたものは呆気に取られ、反対する者などいなく、清河は翌日に使者を立てて朝廷への建言を学習院に提出して受理された。
そして2月29日には朝廷から「攘夷に励むよう」という勅命までもらっているのだ。

この建言には「皇命に反する者は重臣でも容赦はしない」という文言があり、明らかに幕府の命令を無視するもの。
山岡鉄舟からの報告に、将軍後見人の一橋慶喜松平春嶽松平容保に浪士組を追放するように命令した。
春嶽は朝廷に働きかけ、「江戸で沿岸警備に励め」という勅命を浪士組に出させる。
あくまでも尊王である清河はこれに反対することが出来ず、江戸に下ることを決意し、江戸にて攘夷を決行しようとするのだった。

こうして浪士組はまた江戸に逆戻りすることになるのである。


幕末三舟伝 Price2,940 円
諜報新撰組風の宿り Price1,680 円
土方歳三 Price1,365 円
土方歳三 Price1,418 円



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。