FC2ブログ
幕末の志士たちに学ぶ。男とは!

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
篤姫 宮崎あおい 第48回 『無血開城』


天璋院勝海舟と対面し、官軍との戦を避ける方法について話し合う。
勝は江戸に火を放ち、焼け野原にして官軍の江戸城攻めを阻むという策を披露する。
一方の天璋院は、西郷隆盛の心を和平へと動かす手だてについて、幾島とともに思 案する。

そのころ、西郷率いる官軍は江戸に入る。西郷との話し合いのため薩摩藩邸に向かう勝に、天璋院は父・島津斉彬の手紙を託す。
西郷と対面した勝は江戸城明け渡しを約束した上で徳川家の存続を願い出るが、西郷はあくまで官軍による江戸城攻めを押し進めようとする。しかし勝が天璋院から預かった斉彬の書状を見せると、西郷は心を動かされ、江戸城攻撃をとりやめる。

京の御所では、その知らせを聞いた小松帯刀が大いに喜ぶ。
しかし岩倉具視大久保利通は、徳川家存続は新政府にとって脅威となると考える。

一方、大奥では天璋院が女中を一堂に集め、徳川家存続のため江戸城明け渡しに応じる意向を告げ、そして大奥につとめる者は皆、徳川家の家族であり、大奥を出た後の世話も自分が責任を持つと言うのだった。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mn1552.blog15.fc2.com/tb.php/1013-80e06748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。