FC2ブログ
幕末の志士たちに学ぶ。男とは!

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[坂本龍馬] ブログ村キーワード
坂本龍馬 さり気ない一言

『この頃は天下無二の』


明日は勝海舟の命日である。
勝海舟と言えばやはり坂本龍馬であろう。
勝と龍馬の出会いは千葉道場の千葉重太郎が切っ掛けであった。
千葉重太郎は鳥取藩に仕官しており、重太郎は鳥取藩士として江戸政界に関わる中で勝海舟の開国論に反感を抱くようになっていた。
重太郎も時代の流れとともに志士になっていたのだ。
1862年(文久2年)重太郎は龍馬を伴い勝を暗殺しようとしたのだ。
龍馬と重太郎は二人で勝の屋敷を訪れるのだが、居間に通され勝からこれからの国防と諸外国の中における日本のあり方を聞いた龍馬は勝に弟子入りしてしまうのだ。

龍馬は勝に師事できた喜びをこのように語っている。
「この頃は天下無二の軍学者勝麟太郎という大先生の門人となり、ことの他かわいがられ候て、先ず客分のようなものになり申し候」と語り、また別に姉 乙女に宛てた手紙では「私は運が強い男で、日本第一の勝麟太郎の弟子になった」と送っている。

よほど嬉しかったのだろう。
そして勝に対して傾倒していたのだろう。
勝の主張する海軍論は龍馬の求めていた将来の日本像に合っていた。
勝海舟は外圧に対抗するための日本海軍を創ろうとし、そこには幕府も藩もなく、武士も商人、農民も関係なく、志のある人間が集えるようにしていく「一大共有之海局」という構想だった。

龍馬はこの勝の構想に乗り、賛同するだけでなく行動を共にしたいと考えたのである。

勝は勝で龍馬を可愛がり、自分の動けない部分を任せたりできる手として龍馬を使った。
ある日、勝は土佐脱藩者であった龍馬に対し、土佐の山内容堂に脱藩の罪のの罷免と自身の下で使うことの許可を要請した。
この要請に対し容堂がどこまで寛容であったのか分からないが、龍馬は脱藩の罪を放免され、改めて勝海舟の下で航海修行の許可をもらったのだ。
これで勝は公に龍馬を色んなところに派遣できるようになり、龍馬はまさに勝海舟の手足となって動くことができるようになったのだ。


勝海舟強い生き方 Price580 円
勝海舟を動かした男大久保一翁 Price1,365 円
幕末機関説 いろはにほへと1 Price4,725 円
幕末機関説 いろはにほへと2 Price5,670 円

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mn1552.blog15.fc2.com/tb.php/1066-f1fbb8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。