FC2ブログ
幕末の志士たちに学ぶ。男とは!

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸幕府からの江戸へ戻るように言われた浪士組。

清河八郎は江戸に戻って攘夷の挙兵をすればいいと考えを変え、江戸に向かうことを浪士組に言い渡した。

しかし、これに反対する者たちがいた。

近藤勇らの一派だ。

武蔵、相模をイギリスから守るという使命は、武州出身の近藤たちにとっては捨てがたい命令だった。
だが将軍の護衛と言う任務はもっと大事であり、清河暗殺の密命もあったが、近藤・芹沢鴨らは京都に残ることを選んだ。

残留を希望した近藤・芹沢らを浪士組取締出役の佐々木只三郎はすぐさま松平容保に報告。
老中 板倉勝静から「報国の士」を会津藩で預かるように進言され、松平容保はこれを受け入れた。

残留を当初から希望していた近藤・芹沢一派は13名、あとから追加で4名が増え、合計で17名になっていた。

芹沢鴨、近藤勇、新見錦、平山五郎、山南敬助、沖田総司、野口健司、土方歳三、原田左之助、平間重助、藤堂平助、井上源三郎、永倉親八、斉藤一、佐伯又三郎、阿比留鋭三郎、粕谷新五郎の17名。
このほかに鵜殿鳩翁が取りまとめた残留希望者が7名おり、総勢24名が京都残留組となっている。
しかし、殿内義雄が自派の勢力拡大を図ったため粛清され、他の殿内一派、粕谷、阿比留が京都を脱出し、最後に残ったのは近藤・芹沢一派だけであったのだ。


幕末恋歌・新撰組DS【通常版】 Price3,880 円
僕たちの好きな新撰組 Price590 円
新撰組おでかけbook Price1,470 円
新撰組局長首座芹沢鴨 Price540 円



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mn1552.blog15.fc2.com/tb.php/1085-77199599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。